1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. 木の芽(きのめ)と呼ばれる春の名わき役は?

木の芽(きのめ)と呼ばれる春の名わき役は?

●春の香りが食卓いっぱいにひろがる和え物

一般に「木の芽(きのめ)」といえば山椒の若芽のことを指します。若い芽がふき始めた今の時期がまさに木の芽の食べごろです。
今回ご紹介するレシピでは、旬の木の芽を刻んで「木の芽酢」を手作りします。木の芽を細かくたたくことで香りが引き出されます。
春を演出してくれる「木の芽酢」が、穂先のやわらかい部分と、一口大にちぎったきゅうりに良く合う一品です。

【姫皮と新わかめの木の芽酢あえ】
・材料と作り方(2人分)
1.ゆでたけのこの姫皮(40g)は繊維を断ち切る方向に細く切る。
2.きゅうり(1/2本)は蛇腹に切り目を入れて一口大にちぎる。わかめ(戻して40g)は熱湯に通して冷水にとって絞り、一口大に切る。
3.木の芽(4枚)は葉を摘んで包丁で細かくたたいてボウルに入れ、だし(大さじ1/2)と酢(大さじ1と1/2)、塩(小さじ1/6)、しょうゆ(2~3滴)、砂糖(小さじ1/2)を加えて混ぜ、1と2をあえる。
(糖質:2.0g、エネルギー:19kcal、塩分:1.0g)

今回のレシピは木の芽を包丁でたたいています。そのままお料理に添える時には、手のひらにのせパンとたたくと香りが増します。葉の組織の中に香りのカプセルが隠れているため、たたくことによって、カプセルが壊れて香りの成分が外に出るからです。
砂糖のかわりにダイエット甘味料を使えば、血糖値の上昇も防げます。ドレッシングや和え物、酢のものには液状タイプのラカントで置き換えると溶け残る心配もなく便利です。
木の芽酢で和えると口あたりがさっぱりして、減塩効果も期待できますよ。

UPDATE : 2018.04.19

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事