1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. 春と幸運を招く、低糖質のラッキーメニューは?

春と幸運を招く、低糖質のラッキーメニューは?

●桃の節句の季節には、華やかな春色で。

今日から三月。三月は「弥生」ともいいます。一説によると、ますますという意味の「弥(いや)」と生い茂るという意味の「生(おい)」から、「弥生(やよい)」と読むようになったそうです。
今回のレシピは、さやえんどうと、卵で、みずみずしい新芽の色と、菜の花やタンポポのような黄色で春の色を表現しました。いつもの卵焼きを、幸運招く四つ葉のクローバーに見立てます。
ひな祭りやお弁当に添えてみてはいかがでしょう。

【ラッキークローバー卵】
・材料と作り方(3人分)
1.卵(2個)を割りほぐし、塩(少々)、砂糖(小さじ1)、牛乳(大さじ1)を混ぜ合わせる。油(小さじ2)を熱した卵焼き器に卵液を流し入れて焼く。
2.焼き上がったら、巻きすで巻いて形を安定させる。
3.さやえんどう(2枚)は塩ゆでして片側から開き、折れ線になっている筋の部分が中心になるようにハート形に切る。
4.2の卵焼きは適当な幅に切り、切った面が上になるように置き、さらに斜めに切る。片方を裏返して合わせ、ハート形を作る。
5.4を4個合わせ、3をのせて四つ葉のクローバーの形にする。
(糖質:1.4g、エネルギー:85kcal、塩分:0.4g)

卵はビタミンC、食物繊維以外の栄養を含む完全栄養食品。そして糖質が低い低糖質食品でもあります。
今回の卵焼きはお砂糖を使っていますが、お好みでお砂糖ではなく、だしを加えることもできます。また砂糖のかわりにカロリーゼロのダイエット甘味料を使えば、カロリーを抑え、血糖値の上昇も防げます。今回のレシピには加熱しても甘さは変わらず、お砂糖と同じ重量で使えるラカントS顆粒がおすすめです。
今年は寒さが厳しい冬でしたが、近頃では鳥の声や草の色に小さな春を見つけます。温かい春が待ち遠しいですね。

UPDATE : 2018.03.01

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事