1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. 夏バテ?体が重く感じる時におすすめのレシピは?

夏バテ?体が重く感じる時におすすめのレシピは?

●冷やして食べても美味しいとうがん

冬の瓜と書く冬瓜(とうがん)は夏が旬。水分が95%以上のため、とうがん自体の味はほとんどありません。漬け汁や煮汁の味をしみ込ませることが美味しさのポイントです。
今回ご紹介するレシピは、しょうがと花椒の風味を生かし、うす味でも満足感のあるように仕上げています。冷ますことで味がしみ込みます。暑い日には冷蔵庫で冷やして召し上がってみてはいかがでしょう。

・材料と作り方(2人分)
1.とうがん(200g)は皮を薄くそぎ、薄いいちょう切りにする。しょうが(1/2かけ)はせん切りにする。
2.とうがんに塩(小さじ1/3)を振ってしんなりしたら水けを絞り、しょうがとともにボウルに入れておく。
3.漬け汁を作る。花椒(ホワジャオ6粒)、酢(大さじ1/2)、ラカントS顆粒(小さじ2)を耐熱カップに入れ、ラップなしで電子レンジ強で30秒加熱し、あつあつを2.に入れて味がなじむまでおく。
(糖質:5.8g、エネルギー:15kcal、塩分:1g)

とうがんに多く含まれるカリウムと水分が利尿作用にはたらくことでむくみの解消も期待できます。水分が多いため、低カロリーであることも嬉しいですね。
砂糖のかわりにダイエット甘味料を使えば、血糖値の上昇も防げます。今回のレシピは加熱しても甘さは変わらず、お砂糖と同じ重量で使えるラカントS顆粒を使用しました。

UPDATE : 2017.08.10

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事