1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. うぐいす菜と呼ばれる葉野菜は?

うぐいす菜と呼ばれる葉野菜は?

●春の気配も。あたたかくて優しい、湯葉×小松菜

2月4日は立春。うぐいすが鳴き始める季節です。うぐいすの声が聞こえると、春の兆しを感じますね。
別名うぐいす菜と呼ばれる葉野菜があります。それは小松菜。うぐいすが鳴く頃に旬をむかえること、色もうぐいす色だからこのように呼ばれるそうです。
そこで今回は、うぐいす菜(小松菜)を使ったレシピをご紹介します。生湯葉がとろりとした優しい味わいです。

【小松菜と湯葉の煮物】
・材料と作り方(2人分)
1.小松菜(160g)は塩ゆでにして4cm長さに切る。
2.にんじん(40g)は短冊切りにする。
3.なべにだし(1と1/3カップ)を煮立て、2を入れてさっと煮る。
4.3をしょうゆ(大さじ1と1/3)、酒(大さじ1)、砂糖(大さじ1)で味を調え、1の小松菜、生湯葉(60g)を加えて煮る。
(糖質:9.6g、エネルギー:126kcal、塩分:1.9g)

小松菜はビタミンAが豊富、カルシウムはほうれん草の3倍を含みます。免疫力を高める緑黄色野菜がしっかりとれる1品です。
湯葉は、大豆加工食品。豆乳を加熱した時の表面にできる薄皮、たんぱく質が豊富に含まれています。
また砂糖のかわりにカロリーゼロのダイエット甘味料を使えば、カロリーを抑え、血糖値の上昇も防げます。今回のレシピには加熱しても甘さは変わらず、お砂糖と同じ重量で使えるラカントS顆粒がおすすめです。
生湯葉のとろりとした食感に野菜の歯ごたえが楽しいレシピです。火の通りにくいにんじんを先に入れて、それぞれ食材の食感を生かしましょう。

UPDATE : 2018.02.08

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事