1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. 長ねぎ使い切りレシピは?

長ねぎ使い切りレシピは?

●寒さ吹き飛ぶ、長ねぎが主役のおかず

お鍋に欠かせない長ねぎには体をあたためる働きがあります。
お鍋や薬味のイメージが強い長ねぎですが、炒めるとシャキシャキとした歯触りが楽しめます。
今回は長ねぎを丸ごと1本使い切るレシピをご紹介します。長ねぎとエリンギの食感にXO醤のうま味をプラス。野菜とキノコがたっぷり食べられるおかずです。

・材料と作り方(2人前)
1.長ねぎ(1本)、エリンギ(1本)は斜め薄切りにし、赤ピーマン(1個)はへたと種を取り除いて輪切りにする。
2.しょう油(大さじ1)、酒(大さじ1)、XO醤(大さじ1/2)、砂糖(小さじ1/2)を混ぜ合わせて調味液を作っておく。
3.フライパンに油(大さじ1)を熱して牛ひき肉(50g)を入れて炒め、色が変わったら1の野菜を加えて炒める。
4.全体に油がまわったら、2の調味液を加えて味をからめるように炒め合わせる。
(糖質:8.1g、エネルギー:181kcal、塩分:1.5g)

長ねぎ、エリンギともに噛みごたえがあり、満腹感も感じやすいおかずです。食物繊維が豊富なので、血糖値の急激な上昇を抑えます。食物繊維にはおなかの調子を整える働きもあります。
また砂糖のかわりにカロリーゼロのダイエット甘味料を使えば、カロリーを抑え、血糖値の上昇も防げます。今回のレシピには加熱しても甘さは変わらず、お砂糖と同じ重量で使えるラカントS顆粒がおすすめです。
日に日に寒くなるこの季節、もう一品のおかずに体の内側から温まる長ねぎ料理、是非お試しください。

UPDATE : 2017.12.14

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事