1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. 作る第五条のアレンジレシピは?

作る第五条のアレンジレシピは?

●作る第五条 ネバネバがいい!
ネバネバ食材は、一緒に食べたものが胃から小腸へ行くスピードをゆっくりにしてくれます。
とろろ、納豆、おくら、めかぶ、モロヘイヤ、つるむらさき……ネバネバ食材をご飯のお供にすることで、血糖値の急上昇を防いでくれます。
そこで今回はネバネバ納豆を使った納豆丼をご紹介します。ごはんには白米よりも血糖値を上げにくい発芽玄米を使っています。

・材料と作り方(2人分)
1.木綿豆腐(1丁)はボウルに入れて細かくつぶし、電子レンジ(600W)で5分加熱する。
2.1の水けをきり、発芽玄米ごはん(60g)と合わせて茶碗によそう。
3.2にひき割り納豆(1パック)をのせ、あられに切ったのり少々、刻んだ万能ねぎ(10g)、しょうゆ(小さじ2)をかける。
(糖質:14.1g、エネルギー:213kcal、塩分:0.9g)

発芽玄米が手に入りにくい時には、大麦入りごはんを利用してもいいですね。大麦入りの「へるしごはん」を使えば白米に比べて、カロリーは35%、糖質は36%オフ。手軽に大麦ごはんが食べられるところもいいですね。今回のレシピはお豆腐を使ってかさを増したヘルシー丼。ひきわり納豆を使うことで、つぶした豆腐と食感に統一感が出てよりおいしくなります。

UPDATE : 2017.10.12

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事