1. 糖質.jp
  2. 糖質制限レシピを作る
  3. 秋なすを美味しく食べるレシピは?

秋なすを美味しく食べるレシピは?

●秋なすは少量の油で炒めて食べると、美味しくヘルシー。
夏が旬のなすですが、秋に収穫されるなすは昼夜の気温差が大きくなることで、夏のなすに比べて身が引き締まり、更に美味しくなるといわれています。
今回はなすと相性の良いみそでコクを加えた、秋に向かうこれからの季節におすすめのレシピをご紹介します。

・材料と作り方(2人分)
1.なす(3本)は縦半分に切って斜め1cm幅に切り、水につけてあくをとる。豚肉(100g)は3cm長さに切り、ししとう(6本)はへたをとって切れ目を入れる。
2.調味料を作ります。みそ(大さじ1と1/2)、ラカントS顆粒(大さじ2/3)、しょうゆ(大さじ1/2)、酒(大さじ1)を混ぜ合わせておく。
3.フライパンに油(大さじ1)を熱し、豚肉を加えて炒め、肉の色が変わったらなすを加えて炒める。なすがしんなりしてきたらししとうを加える。
4.全体に油が回ったら、調味料を加えて汁けをとばすようにして炒め上げる。
(糖質:10.4g、エネルギー:196kcal、塩分:2.4g)

なす皮の紫色の成分、アントシアニンには抗酸化作用が期待できます。なすは良く洗ってヘタだけを取り除き、皮はむかずに調理しましょう。
通常、なすを炒めて火を通すには、たっぷりの油が必要ですが、少なめの油でさっと炒めた後に調味料を加えて、火の通りをよくして油の摂取を抑えています。
また、砂糖のかわりにダイエット甘味料を使えば、血糖値の上昇も防げます。今回のレシピは加熱しても甘さは変わらず、お砂糖と同じ重量で使えるラカントS顆粒を使用しました。

UPDATE : 2017.09.21

関連するキーワード

低糖質レシピ

関連記事